グルメツアー “パリの胃袋”レアル/モントルグイユ地区

美食のパリを探して、パリ中心部のレアル/モントルグイユ地区を散策しましょう!
作家エミール・ゾラが1837年に出版した小説『パリの胃袋』からもわかるように、この地区はかつて大きな市場でした。ここには今でも、パリ最古のパティスリー”Stohrer"をはじめとするショップ、ブラッスリーや伝統的なレストラン、台所用品やレシピ本の専門店など、さまざまな老舗が立ち並んでいます。

この地区にあるのは食だけではありません。サントゥシュタッシュ教会、”無怖公”と呼ばれたブルゴーニュ公ジャン1世による15世紀の要塞塔(Tour Jean-Sans-Peur)、19世紀に作られたアーケード街”パッサージュ”のひとつ、パッサージュ・デュ・グランセール(Passage du Grand Cerf)などのスポットにもご案内します。

中世から今日までの長い歴史の中で、フランスの美食の伝統がどのように受け継がれてきたのか、どのように変化してきたのか ー その答えが垣間見えるはずです。

クロワッサンなどのヴィエノワズリー、ケーキなどのお菓子、パンやチーズ、ワイン、ハムやソーセージ類といったフランスを代表するグルメを味わっていただけます。
 

料金お一人様 95.00/62.00 € 大人1名と子供1名につき

ツアー所要時間 : 2h30
収容最小人数 : 2
収容最高人数 : 8

次の予約可能な日 :
  • 07/12/2019 - 残席数 8 人が受講可能です
  • 08/12/2019 - 残席数 8 人が受講可能です
  • 10/12/2019 - 残席数 8 人が受講可能です